• 竣工:
    2023年4月予定
    用途:
    専用住宅
    構造/規模:
    木造在来工法/地上2階建
    所在地:
    仙台市宮城野区

敷地は、北側に歌舞伎『伽羅先代萩』の登場人物のモデルとなった三代藩主伊達綱宗の側室 政岡のお墓があり、仙台市中心部でありながら、緑豊かな環境を享受することができる環境である。
一方、南、西、東側は、北側とは対照的に建物が迫り非常に圧迫感がある。それに併せて延焼ラインが開口部の形状に制限をきたす状況にある。
敷地に対して南北方向に短尺状にヴォリュームを配置し、母屋と個室棟でサンルームを挟むような構成とし、建物自体が防火壁となり、延焼ラインの影響を受けずに、トリプルガラスの大開口を設け、環境に対してアクティブに対応する住まいとしている。